倉敷観光案内 くらしき観光.com - 岡山県倉敷美観地区の観光情報を皆様にお届けします!

ホーム 観光スポット 倉敷で活躍した建築家

倉敷で活躍した建築家

倉敷には、古くから残る蔵や町屋などの建築物以外にも素晴らしい近代建築物が多く点在しています。
大原美術館や中国銀行本町支店(旧 第一合同銀行倉敷支店)などを残した薬師寺主計、倉敷アイビースクエアや倉敷国際ホテルなどを残した浦辺鎮太郎のようにその建築物は現在の倉敷美観地区の骨格を担っています。
※各経歴は倉敷の建築物を抜粋しています。


大原美術館

薬師寺主計

(やくしじかずえ)1884年〜1965年
岡山県総社市に生まれ、大学在学中に倉敷紡績社長の大原孫三郎と出会い、倉敷のまちづくりに多大なる貢献をしました。 また、近代建築の巨匠ル・コルビュジエに会った最初の日本人といわれています。
※写真は大原美術館

1922年(大正11年)

中国銀行本町出張所(旧 第一合同銀行倉敷支店)

1929年(昭和4年)

倉敷商工会議所

1923年(大正12年)

倉敷中央病院

1929年(昭和4年)

岡山合同貯蓄銀行倉敷支店(建替 中国銀行駅前支店)

1926年(大正15年)

今橋

1930年(昭和5年)

大原美術館

1927年(昭和2年)

喫茶エル・グレコ(旧 奨農土地株式会社事務所)

1941年(昭和16年)

中国銀行玉島支店連島出張所

1928年(昭和3年)

有隣荘

倉敷アイビースクエア

浦辺鎮太郎

(うらべしずたろう)1909年〜1991年
岡山県倉敷市に生まれ、1962年(昭和37年)に大原總一郎と倉敷建築研究所(現 浦辺設計)を設立し、倉敷を中心に多くの建築作品を残しました。
※写真は倉敷アイビースクエア

1957年(昭和32年)

倉敷考古館(増築)

1957年(昭和32年)

旅館くらしき(改造)

1961年(昭和36年)

大原美術館 分館

1963年(昭和38年)

倉敷国際ホテル

1965年(昭和40年)

倉敷ユースホテル

1969年(昭和44年)

倉敷公民館(旧 倉敷文化センター)

1972年(昭和47年)

倉敷市民会館

1974年(昭和49年)

倉敷アイビースクエア(旧 倉敷紡績)

1980年(昭和55年)

倉敷駅東三越ビル

1980年(昭和55年)

倉敷駅西ターミナルホテル

1980年(昭和55年)

倉敷市庁舎

1983年(昭和58年)

倉敷市立中央図書館

倉敷市立美術館

丹下健三

(たんげけんぞう)1913年〜2005年
大阪府堺市の生まれで、日本人建築家として最も早く国外で活躍、認知された一人。 「世界の丹下」と呼ばれ、広島平和公園や代々木体育館、東京都新庁舎など数多くの建築作品を国内外で残しています。 倉敷では倉敷市庁舎(現倉敷市立美術館)の設計を手がけました。
※写真は倉敷市立美術館

1960年(昭和35年)

倉敷市立美術館(旧 倉敷市庁舎)

日本基督教団倉敷教会教会堂

西村伊作

(にしむらいさく)1884年〜1963年
和歌山県新宮市の生まれで、近代住宅建築の先駆者として活躍。倉敷に残されている日本基督教団倉敷教会教会堂、若竹の園保育園園舎が共に2009年(平成21年)に国の有形文化財に登録されています。また、文化学院の創立者で日本の教育者としても知られています。
※写真は日本基督教団倉敷教会教会堂

1923年(大正12年)

日本基督教団倉敷教会教会堂

1925年(大正14年)

若竹の園保育園園舎

撮影協力:(財)大原美術館、倉敷市立美術館、(株)倉敷アイビースクエア、日本基督教団倉敷教会

ページの先頭へ