倉敷観光案内 くらしき観光.com - 岡山県倉敷美観地区の観光情報を皆様にお届けします!

ホーム 観光スポット

大原美術館

大原美術館

日本で最初の近代西洋美術館で、倉敷を基盤に幅広く活躍した実業家大原孫三郎が、 洋画家児島虎次郎が収集した西洋絵画の展示の為に造られました。

もっと詳しく

有隣荘

有隣荘

大原家住宅に隣接する大原家別邸で艶やかな緑瓦が印象的な建物は、「緑御殿」とも呼ばれています。

もっと詳しく

大橋家住宅

大橋家住宅

倉敷の大地主であった大橋家は、町屋では許されることの無い長屋門を構えています。 倉敷代官所の許可を得られた格式の高い建物です。

もっと詳しく

倉敷考古館

倉敷考古館

江戸時代の米倉を改良した館内には、吉備地方を中心とした考古学資料や土器などが展示されています。

もっと詳しく

倉敷民藝館

倉敷民藝館

江戸時代の米蔵を改修した館内には、国内外問わず世界の民芸品約15,000点が所蔵されており、 その内の約300点が展示されています。

もっと詳しく

日本郷土玩具館

日本郷土玩具館

米蔵を改修した館内には、日本全国の玩具や工芸品が40,000点のうち約5000点が展示。 その他、ギャラリーやショップも併設されています。

もっと詳しく

本通り

本通り

古くは本町と呼ばれていた本通りは、かつて銀行や郵便局をはじめ多くの商店などが建ち並び、 倉敷町の中核地域として栄えていました。

もっと詳しく

本町・東町

本町・東町

港町であった昔に町家が集中した様子が残っている本町・東町の通りには、 現役の住居の他に土蔵や町家を改装した旅館や飲食店、雑貨屋などもあります。

もっと詳しく

倉敷川

倉敷川

倉敷川周辺の地域は江戸時代に港町として栄え、 この地域に物資を運んでくる運河として利用されていました。

もっと詳しく

倉敷市立美術館

倉敷市立美術館

1960年(昭和35年)に丹下健三設計により市庁舎として建てられ、1983年(昭和58年)に展示美術館として開館しました。

もっと詳しく

加計美術館

加計美術館

2002年(平成14年)に 加計学園と高梁学園により設立された加計美術館は、 地域文化の発信基地として様々な展示会が行われています。

もっと詳しく

倉敷アイビースクエア

倉敷アイビースクエア

倉敷紡績工場を改修し、ホテル、記念館、ギャラリーなどの文化・観光施設として利用されています。

もっと詳しく

阿智神社

阿智神社

鶴形山に鎮座する阿智神社は、宗像三女神が祀られています。古代庭園や阿知の藤などでも知られています。

もっと詳しく

観龍寺

観龍寺

観龍寺に鎮守されている妙見宮は、明治2年(1872年)の神仏分離令まで 現在、阿智神社がある場所で倉敷村の氏神でありました。

もっと詳しく

誓願寺

誓願寺

嘉永2年に建立された誓願寺は、倉敷市で最も古いとされてます。 天皇所縁の菊花紋は、その昔使用することを許さた由緒正しき場所であることが伺えます。

もっと詳しく

町並みの意匠

町並みの意匠

倉敷独特の意匠である倉敷格子や倉敷窓は江戸〜明治時代のものとされています。 その他にもいたるところで意匠を見ることができます。

もっと詳しく

瓦紋

瓦紋

美観地区一帯で見られる屋根では、丸瓦と平瓦を交互に重ねた本葺瓦が多く使用されています。 丸瓦の「三つ巴」をよく目にすることが出来ます。

もっと詳しく

路地

路地

「ひやさい」と地元の人々に呼ばれている路地は住民の暮らしを色濃く映し出しています。

もっと詳しく

倉敷物語館

倉敷物語館

東大橋家住宅を改修し、観光情報コーナーや展示室、多目的ホールなど観光施設として生まれ変わりました。

もっと詳しく

鶴形山

鶴形山

鶴形山は、標高約35mの小高い丘で公園として整備され、倉敷の街並みが一望でき、園内では多種多様な植物や昆虫を見ることができます。

もっと詳しく

倉敷で活躍した建築家

倉敷で活躍した建築家

倉敷には、古くから残る蔵や町屋などの建築物以外にも素晴らしい近代建築物が多く点在しています。

もっと詳しく

桃太郎のからくり博物館

桃太郎のからくり博物館

錦絵や浮世絵、玩具などの歴史資料からからくりあそびや映像シアター、洞窟探検など桃太郎に関するものが盛りだくさん。

もっと詳しく

ページの先頭へ